INTERVIEW

Animation Designert

ゲームに命を
吹き込む
仕事。
だから
妥協はしない

アニメーション部(アニメーションマネージャー)

杉松 さん

実際に会社を訪れてやりがいがあり
おもしろそうだなと感じた

-なぜKMSに入社したのですか?僕の前職は遊技機の開発会社で、エフェクト制作をやっていてある案件でアニメーション制作を担当することになったんです。そこでアニメーションって面白いな、と思ったのがきっかけですね。もともとゲームが好きだったので、ゲーム業界に入りたいと思い、いろいろなサイトや求人を見て、ゲーム会社のアニメーションの仕事を探していたところ、たまたま友人がKMSに勤めていて、誘ってもらったんです。友人から社内の様子や作っているコンテンツをみて、応募したのがきっかけです。実際に面接してみて、やりがいがありそうだな、おもしろそうだな、と思って入社を決めました。

「自分たちで案から出して提案する」
風通しのいい環境

-実際に入社してみてKMSの社風はどうでしたか?入社してから今も思いますが、社内の雰囲気は明るいと思いますね。職種を問わず、皆、人柄が明るいなと思いました。ゲーム開発をするうえで、驚いたというか、すごいと思ったのは良いコンテンツをつくる!という部分。良いコンテンツをつくることにあたっては、大体上層部から「こういうものをつくってくれ」と依頼があると思っていたのですが、KMSはそうではなく、「自分たちで案から出して提案する」という形だったこと。自分たちでよいコンテンツを制作するための発言がとてもしやすい。提案した内容を見て、コンテンツ化するということが頻繁に行われるので、風通しがいいと思う。

予め決まっている容量や納期で
最高のものをつくる

-今はどんな仕事をしているんですか?今はアニメーション部門で、制作もしつつマネジメントもしてます。マネジメント業務としては、メンバーのメンタル面や体調面の管理というか、普段の様子を見て、皆が楽しく働けるようなフォローをしていますね。並行して、アニメーションの案出しや、絵コンテなどの軸を作ってアニメーションを制作したり、エフェクト制作だったり、幅広くコンテンツに携わっている。正直忙しいです。(笑)納得いくものが作れない時は、悩ましいですね。追求をしたいが、決められている納期などがありつつ、容量やクオリティのバランス調整は大変です。クオリティについては、どこまでやっても答えがないので、予め決まっている容量や納期で最高のものをつくる...!というヒリヒリしたところは大変ですが、やりがいを感じますね。

最高の演出が出せるよう
見て、体験して、想像力を高める

-仕事をするうえで大切にしていることはなんですか?アニメーションだけでいうと、やっぱりゲームに命を吹き込む部分だと思っているので、ものすごく大切な仕事だと思っています。この、命を吹き込むうえで、最高の演出が出せるよう、アニメやゲーム、いろんなエンタメを見て、体験して、想像力や妄想力を高めていったり、自分が楽しいと思えるものを作る、ということを大切にしています。僕だけではないと思いますが、KMSのメンバーは全員この想いを持っていると思いますね。どうせやるなら楽しくやりたい、と思うし、この気持ちは大切にしていますね。

ボルダリングやサバゲーで
身体を動かして適度にリフレッシュ

-休日は何をしているんですか?ボルダリングだったり、サバゲーをやったり、ゲームだったり映画を見たり。いろいろやっていますね。ボルダリングは難易度を示すグレードというのがあって、スタートからゴールまで、どういうルートで登るかなどを事前にしっかり試行錯誤して登るんですが、どんな動きで登るか、みたいなパズルのように考えるところがいいですね。難しいな、無理かな?というものにもチャレンジできて、身体を動かして、適度に疲れてリフレッシュできる。たまたま友達に誘われて行ったら、はまってしまったんですよ。(笑)

アニメーションは奥が深い
探究心のある方を求めています

-この記事を読んでくれている人に伝えたいことアニメーションでの観点になっちゃいますが、アニメーションってとても奥深くて正解やゴールがないんですよ。でも、ココがめちゃめちゃ面白い。いろんなことに興味を持って突き詰める。探求心のある人、そんなかたには是非、KMSのドアをたたいてほしいです。

Occupation

Interview

Recruitment